イメージ画像

青汁の原料であるケールのパワーとは

青汁の主原料といえばケールですが、ケールとはキャベツの仲間であり、栄養価に優れた植物です。 βカロテンやカルシウム、ビタミンC、食物繊維、ルテイン、メラトニンなどが含まれています。

βカロテンは体の中に取り込まれるとビタミンAに変わる性質があるのが特徴で、抗酸化作用が強く、エイジングケア効果があるとして注目されています。

カルシウムはご存知の通り、歯や骨に必要な成分です。 ストレスを抑制する働きもあり、現代人には欠かせない成分だと言えるでしょう。
青汁で野菜不足を解消しよう!

βカロテンと同様に、抗酸化作用に優れているビタミンCも含まれています。 コラーゲンに必要な成分であり、ストレスを鎮める作用も確認されています。

腸にとって重要な成分である食物繊維も含まれており、特に便秘を解消したい人をサポートしてくれます。 ルテインは目にとって大切な成分で、白内障予防に役立ちます。

メラトニンもケールに含まれる代表的な成分です。 メラトニンはアミノ酸から生成されるホルモンで、血圧や脈拍を下げる働きが認められており、この働きによって眠りの質が上がると言われています。

ケールにはリブロース-1という成分も含まれていますが、免疫力をアップさせたり、白血球の働きもサポートしてくれます。

もし、風邪やウイルス疾患にかかりやすかったり、病気が治りにくいならば、免疫力が低下しているかもしれません。 そういった悩みがある人にもケールは頼もしい存在です。

これらの他にメタボや高血圧などの生活習慣病対策や目の健康対策にも役立ちます。

ヨーロッパではスープやフライなどの家庭料理に使われており、日本よりも有名な存在です。 ただし、食べる時は加熱してケールの苦味を抑えているようです。

昔はよくテレビ番組で罰ゲームとして青汁を飲まされるシーンを見かけましたが、青汁ならではの苦味はケールが原因です。 この頃の青汁は飲みやすくなっていますが、それでも苦手だという人は錠剤タイプの青汁がおすすめです。

妊婦さんにも青汁がオススメな理由と注意点

青汁はインターネットやドラッグストアで購入でき、様々なメーカーから商品が出ています。 今や健康的な生活を意識している人にとって、欠かせない存在になりました。

青汁はキャベツの仲間でアブラナ科の野菜であるケールなどを搾って作られており、ミネラル、ビタミン、アミノ酸、カルシウム、葉酸、食物繊維、たんぱく質、鉄分などが豊富に含まれています。

ケールは栄養価が高いことから野菜の王様とも呼ばれています。 アミノ酸は体内で作り出すことができないので、食事などで摂取しなくてはいけないのですが、現代の食生活では不足しがちなので、青汁で効率よく摂取したいところです。

青汁以外にもたくさんの健康食品がありますが、その中でも青汁は比較的安く、毎日続けようと思うと経済的にも助かります。

しかし、今でもマズイという印象を持たれがちです。 あの有名なテレビCMでも堂々と「マズイ」と言っていますし、番組でも罰ゲームとして度々登場します。

最近の青汁は果物や抹茶、ヨーグルトなど、飲みやすいように作られているものもあるので、一概にマズイとは言えません。 大麦若葉とヨモギによっても随分飲みやすくなりました。 それでも苦手だという人は、牛乳で割って飲むことをオススメします。

妊婦さんも青汁を飲んでもいいのかという質問を見かけることがありますが、飲んでも問題なく、むしろお腹の赤ちゃんにも必要な栄養素がたっぷり摂れるのでオススメです。 母体と赤ちゃんの血液を不足させない為にも鉄分を摂らなくてはいけません。 DNA形成に重要な役割があり、脳と神経系の先天性障害を防止するためにも葉酸も一緒に摂取したいところです。

妊娠中は悪阻などで食事を摂ることが難しい人もいるので、栄養不足が心配されます。 青汁は固形ではない分摂取しやすいので、栄養を補いたい妊婦さんにもオススメです。

ですが、飲み過ぎは厳禁です。 推奨量を守り、母体と赤ちゃんの為に化学成分や防腐剤が入っていない無添加の青汁を選びましょう。

青汁とグリーンスムージーの違い

グリーンスムージーが流行っていますが、青汁との違いは何だと思いますか。 健康を意識する人が増えて、今や青汁は老若男女に飲まれています。

食物繊維が豊富ですし、生活習慣病の予防にも役立つことから根強い人気があります。 ダイエッターからも支持されていることでも知られています。

青汁は栄養が豊富な反面、味が苦手だという人もいるので、デメリットを挙げるとすれば独特の味でしょう。

グリーンスムージーは甘味があるものが多いので、青汁よりも飲みやすいという特長があります。 グリーンスムージーは特にダイエット中の女性を中心に愛飲されており、青汁はどちらかというと健康対策で飲んでいる人が多いです。

グリーンスムージーは断食ダイエットにも利用されており、青汁で断食ダイエットをするという話はあまり聞きません。 ダイエット中に青汁を飲んでいる人は、足りない栄養を補う目的で活用している傾向にあります。

また、青汁とグリーンスムージーの栄養はさほど違いはありません。 同じ効果が得られますが、購入者の年齢層や目的が異なっているようです。

ダイエットだけに焦点を当てると、グリーンスムージーのほうが効果的かと思います。 飲みやすいですし、断食にも役立つ存在です。 青汁は日頃の食生活に+アルファとして取り入れ、健康を維持したい人にオススメです。 青汁だけに頼らず、日頃の食生活も改善していくことが健康の維持の第一歩だと言えるでしょう。

グリーンスムージーを作っていると泡が出てきますが、これによって満腹感を得ることができ、酵素と人気を二分しています。

効果も実際に証明されており、食事を抜く代わりにグリーンスムージーを飲んで満腹感を得て、栄養を手軽に摂取できることから重宝されています。 ダイエットをするならただ痩せるだけでなく、健康的に痩せたいと思うものですよね。

中には野菜が苦手な子どもに飲ませることで、栄養や食物繊維を効果的に摂取させている人もいます。

このページの先頭へ